幸せとは?【3つの国とひとつの世界】ニュートラル思考

人間の考え方がどこからくるのか、何が中心なのか考えてみる話。

 

 

1つの世界の中には①②③という国があるとする。(ここでは国を全て含むものを世界とする)

 

①は皆が幸せ、人々は世界のことを何も知らない社会。

②は争い、憎み、殺し合いがあり、また幸せと求める社会。

③は①と②、そして自国のことを良く知っている社会。

 

人が、国が幸せだというのは「なに」が判断し「なにもの」がそれを感じ得るのだろう。

※ここでいう幸せとは一般的な人々が考えるもの、

明るく平和で憂うことのない、長く続いてほしいと人々が願う状態のこととして

 

 

幸せとは人、またはその他の生き物に備わるカンカク、思考

幸せとは人が社会生活を送り、物事を観察し、生まれた価値観

 

 

「国に存在する幸せ=世界の幸せ」は成り立つか

 

 

成り立つのであれば、ヒトという生命、世界の共通認識となる

 

そこで出てくるのが、世界の外側のさらなる世界、宇宙

 

宇宙にある「幸せ」という生命の認識、概念、

宇宙の生命体(地球外生命体)にそれは通じるだろうか?

 

 

 

幸せは人によって違う

 

一般的にポジティブという明るいものの中に幸せは見出される。
しかし、殺すことや傷付けることが幸せとなる環境がある。

 

それは環境で変わる。ようだ。

人から生まれる認識=宇宙の世界に存在(又は自然に生まれる、新しく生まれる)する認識だろうか?

 

幸せとそうでないもの

人の求める世界

国と世界の尺度

 

「あらゆる価値観のある混沌」と「理想の幸せが続く」世界

 

世界は不思議だ。

 

「幸せは人によって違う」=「幸せは生命によって違う」?

動物、植物、無機物、自然、精霊・・・

 

 

わかることは世界は1つでないこと

人間の目の前に今という現実があること

1つの世界で人間が感じる恐ろしいことが起こっている

その現実を知らないで過ごすことが幸せか

知った上で生きることが幸せか

それともこの世界が幸せの発展途上か
そもそも幸せとは何か

 

 

世界には多種多様な考えがある + 誰もが平和を望んでいる = 幸せな世界?

 

幸せな世界 = 人間の思考 = 宇宙の生命体 = ?