宇宙が来た!赤い宇宙 詩 

宇宙が来た!

 

箱に入ってる

 

透明な箱に

 

宇宙の皮は赤い

 

外からその住人の輝きが見える

 

その星の、銀河の、銀河団の、集合体の光が

 

どんな光が澄むのか

 

どんな時間が流れるのか

 

どんな空気を吸い込めるのか

 

どんな命が生きるのか

 

どんな物質で埋め尽くされているのか

 

赤い宇宙は語る

 

銀河の輝きは眩しい

 

赤い宇宙は想像を掻き立てる

 

誰が宇宙はひとつだけだと言っただろう

 

赤い宇宙は数えられるだろうか

 

その表面、内部にある核

 

それはまるで銀河のバルジのようだ

 

赤い宇宙と暮らす

 

赤い宇宙を眺める

 

赤い宇宙を食べる

 

赤い宇宙は地球に実る

 

赤い宇宙は体内を巡る

 

そして取り込まれる

 

 

 

**********************************************

りんごは深紅になるほど手に取りたくなる

買ったら家のテーブルに置いて一緒に過ごす

赤いりんごを見ると宇宙が見える

赤い宇宙(そら)に広がる無数の星々が美しく愛しい

 

りんごを横から切ったなら五芒星が現われる

人が星形と認識する、星のカタチだ

 

その宇宙に種が眠る

 

果物とは不思議な食べ物である

 

熟したプラムの表皮、熟れたマンゴー、ネクタリンもまた美しい

赤い宇宙が眩しい

 

その宇宙のために果物を買う

 

一緒に過ごして彼らの言葉を聞く

 

香りはジャム瓶に閉じ込めておきたい

 

赤い宇宙は生きているからずっとテーブルには置けない

 

りんごははち切れて、赤は失われる

 

大切にするならはち切れる前に、食べた方がよい