フランスのバレンタイン/フランス人女性がほしいものとは・・・?

 

日本でバレンタインといえばチョコレートですが、

フランスはというと、プレゼントはチョコレートだけではありません。

そして、この日は特に恋人や夫婦などのカップルの日です。

プレゼントを用意するのは男性なので、男性は大忙しですね!

フランス

フランスのチョコレート屋さん

 

 

海外ではチョコレートが関係ないことが多いです。

そして女性から物を贈るというより、

男性からプレゼントを贈ることが一般的です。

 

ちなみにフランス語でチョコレートは

「chocolat」ショコラと読みます。

 

 

フランス語でもバレンタイン?

 

フランス語でバレンタインデーは「Saint-Valentin」

英語のつづりと少しちがいます。

そして読み方は全然違います!

カタカナで書くと、「サン ヴァランタン」です。

バレンタインデーは「le jour de la saint valentin」

良い響き(´ω`)

バレンタインデーのいわれ

 

日本でよく見かける説明は、「聖ヴァレンタインが昔々恋人たちを

密かに結婚させた罪で処刑された…」

というものですが、フランスのサイトで検索すると

別のいわれが出てきます。

 

それは、14世紀イギリス。

もともと2月14日は聖バレンタインの日で、

そのあたりの期間に鳥たちが互いに相手を求めて

カップルになるのを見た人びとが、その日を恋人の日として

祝い始めたという話です。そしてそれが世界に広がり今に至る。

 

 

また、「聖ヴァランタン(バレンタイン)」が3人いた、

という説明が多いです。バレンタインとは関係ないようですが。

(時代が少し違う2人の聖ヴァランタン、聖ヴァランタンテルニ)

 

 

バレンタインにフランス人女性がほしいもの

 

朝市

 

 

一般的にお花が売れる時期だそうで、

お花屋さんのお花の値段は3倍からなんと12倍まで(!)値上がりするとか。

 

oh la la ~

 

大体バラ一本3ユーロ400円、花束は一般的なもので5000円ぐらい。

アフリカや南アメリカからの輸入が多いよう。

 

しかし、最近のフランス人女性はお花よりもアクセサリーの方がいいとか…。

 

他にプレゼントされるものとして、カードや下着

また、レストランに行くなど一緒に過ごすことを大切にする

人が多いようです。

 

 

ホワイトデーはフランスにはありません。

女性は至れり尽くせりですね。

 

 

日本人も訪れるIndre, le village de Saint-Valentin

(聖バレンタインの街)

 

 

フランス、アンドル県、サンヴァランタンという街では

一年中町役場の前で結婚証明をすることができて、

一年を通して日本人が多く来るらしいです・・・。

 

 

こちらがサンヴァランタン村のサイト

http://www.village-saint-valentin.com/

「毎日愛の証明が出来ます!」ということです。

熱いですね。

 

「CONFIRMATION DE MARIAGE」

というのが結婚の証明ということで、費用は220ユーロ。

役場の前、赤い絨毯の上で、

村長さんが2人が作った愛の祈願を読んでくださいます!

こちらのサイトから予約も出来るようです。