フランスで100%オレンジジュースが飲みたい!

何%のオレンジジュースみますか

 

オレンジジュースといえば100%、を選ぶ私ですが、

レストランや居酒屋でオレンジジュースを頼むときに

100%かどうか尋ねると変な顔をされます。

 

 

けれど、100%か否かは個人的にはとても重要です。

濃縮還元ですけどね(*’▽’)

あなたはどうですか?

 

 

フランスの食卓

 

 

フランスでもレストランでは100%かどうかは

頼んでみないとわかりません…。いいところのお店であれば

100%が多いのではないでしょうか。

 

 

スーパーであれば間違いなく100%オレンジジュースがあります。

紙パックよりプラスチックに入っているものが多いです。

 

 

発音

 

オレンジジュース

 

フランス語で、「le jus d’orange」と言います。

カタカナにすると、ル ジュ ドらンジュ

 

jus のsは発音しません。

オレンジジュースと言うだけで発音が鍛えられます

 

 

なぜなら、jus の u という発音は日本人には発音しにくくフランス的。

 

またorange はd’ でコントラクスィオン効果でドらンジュと発音し、

Rの発音が入ります。

 

 

分と力的なじゃないですか

 

 

フランス

ミニ動物公園で脱走中のヤギ

 

 

よりフランス人らしく発音するコツとしては、

 

 

・leを強く言う

 

・jus は口をすぼめて上下唇を外側へ反らせるように軽く短く

 

・最後にd’orangeの「ら」を意識して言うと滑らかに言えると思います。

 

 

     ル 、 ジュ ドンジュ

 

 

フランス人ぽく「ドらーンジュ」と言っても面白いですよ。

麻布ジュバ~ン、みたいなです。

 

 


オレンジジュース種類

 

オレンジジュースはオレンジジュースでも種類があって、

「pulpe 」「sans pulpe」というのがあります。

 

発音は「ピュルプ」「サンピュルプ」です。

(ここにも<u>の発音がありますね)

 

 

私は「pulpe」派です。

 

「pulpe」とは果物の果肉のことで、果肉入りの(つぶつぶですね)

ジュースという意味です。

 

逆に「sans pulpe」は果肉の入っていないジュースです。

絵もついているのでわかると思います。

 

 

私は絶対100%、果肉入りがいいです!

もちろんオレンジをそのまま絞ったものが新鮮で

美味しいでしょうけど。

 

 

ちなみによくオレンジジュース振ってから飲みますが、

フランス語では「secouer」という単語を使います。

 

 

Secoues bien ce jus d’orange!

このオレンジジュースをよく振って!

 

Je secoue le jus d’orange.

オレンジジュースを振る。

 

 

のように言います。

 

 

あなたにもオレンジジュースのこだわりがありますか?