フランス語 女性名詞に関する文法 一言で解決!

女性がフランス語を覚えるときに必要な「e」

 

私は話すフランス語が好きなので、

文法はあまり気にせずにフランス語を覚えていきました。

 

文法は時々見る程度です。

(もちろん法則などを理解した方が便利ですけどね)

ということで、恥ずかしながら「e」が付く形容詞とそうでないものの

違いを長い間理解していませんでした・・・。

 

 

 

 

しかし、文法の本を見ずにフランス人の一言でそれは解決されました。

 

「動詞<être>のあとに<e>が付くのだ」

 

 

目から鱗。

 

おそらく真面目に文法を確認していれば当たり前だと思いますが、

でも本を読まずに一瞬で理解することが出来ました。

 

つまり、女性が話すとき第三者の女性のことを説明するとき

<être>の次の形容詞には<e>が付く!ということです。

 

簡単ですね。

腑に落ちました。

 

avoir には<e>付けなくて良いということです。

 

女性が動詞<être>を使って表現する場合、

 

Je suis fatiguée.

 

Je suis jolie.

 

 

 

そして第三者の女性について説明するときには

<elle>または< elles>が主語で

 

Elle est mignonne.

彼女はかわいい。

 

複数形なら、<s>をおまけに最後に付けてあげます。

 

Elle sont mignonnes.

彼女たちはかわいい。

 

 


C’estを使った場合、注意点

 

 

フランス

 

 

C’est mignon.

「(これ)かわいい」という意味ですが、

のように対象が女性でも女性名詞でも<e>は付きません

<mignonne>にはならないので注意です。

 

 

「C’est」を使って説明するときには<e>を付け足しません!

 

 

そう、これを覚えておけば怖いものなしです。

 

ちなみに人に対して(女性でも子供でも)、

「C’est mignon.」と言わないように気を付けてください。

失礼になってしますので、人に使う場合には

<elle>や<il>を使いましょう!

 

子どもに「C’est mignon.」と言った人に対して

それはダメだと説明しているのを聞きました。

 

この表現に慣れていなければ、「かわいい」と言うことに

慣れている日本人としては何にでも素直に言いたくなりますよね。

でも注意です。

 

また、初対面の犬や猫にも同様です。

オスかメスかわからない場合は<il>を使って

会話をはじめて構わないようです。

 

 

ちなみにボールのように小さくなるエコバッグを見て

「かわいい」と言ったら変な顔をされました。

 

「かわいい」が世界で流行しているとはいえ、

「かわいい」の感覚が日本人とは違うのだと感じました。