先人の知恵 絵が上達する最高の方法

多くの人が少しでも早く絵が上達したいと思い、

試行錯誤します。

 

世の中にはいろんな情報があるのでどうしたらいいのか

迷うことも多いと思います。

先人が答えを残してくれている

 

 

私が縁あって教えていただいた方に良く言われたのは、

「良い先生を見つけることが大事だ」ということです。

 

何を始めるにもこれが言えます。

 

 

教え方にしろ、技術にしろ教えてもらう方が

今後を左右するということです。

 

私は運がよかったです。本当に。

 

 

そして私の絵の師が言っていたように、

絵が上達するには「とにかく描け」ということです。

 

 

レオナル・ド・ダヴィンチや多くの偉大な画家も言っています。

つまり「描く」ということは

 

 

素描をすること

 

 

これに限ります。

 

 

私が絵を始めたときによく耳にしたのが、

 

 

点   線   面

 

 

絵はこれらで構成されているということです。

 

素描をすることによって「点線面」を表現する力も

質感を表す力も身に付きます。

これが色塗りにも通じます。

 

鉛筆を使って。

それも濃い鉛筆だけではなくて色々な濃さで。

 

 

あと、石膏や彫刻のデッサンがオススメです。

なかなか身の回りに自然あるものではないので、

私は美術館や写真をよく利用します。

実物の方がいいですけどね。

 

 

 

とてもシンプルだけど、自分で素描してみると

よくわかります。

 

 

私の師匠は素描しませんけど(笑)

しない理由もあるのです。

 

 


 

絵に人間が現れる

 

 

あとは人間です。

 

いろんな体験が絵に染み出てきます。

 

苦しい思いをしただけ、絵に出てくるのです。

 

 

私が偉そうなことは言えませんが、

そう言われて絵を描いていると救われた気がします。

 

 

 

或る、ひっかき傷のある絵を描いた作家さんが

言っていたことです。

 

 

「人間、何かを傷つけたいことがあるだ」

 

 

 

私はその言葉に感銘を受けました。

 

それさえも絵に出てくるのか、と。

 

 

1人の人間が全て絵に出てくる、

私はそういう考えが染みつきました。

 

 

油絵

 

 

 

とにかく絵の上達には素描です。

 

そして自分自身の経験。

 

全部が絵になります。