きゅぴどん? なんかかわいい、フランス語でどんな意味?

「きゅぴどん」

 

この言葉を聞いて皆さんはどんなものを想像するでしょうか?

日本人にとっては何だかかわいい言葉ですよね。

 

これをフランス語にすると「cupidon」

そして英語にすると「Cupid」となります。

わかりましたか?

 

ルーブル

 

 

そう、答えはキューピッドです。

ちょっと笑えませんか(^<^)

キューピッドはフランス語で「キュピドン」。

 

「キュピ」はかわいい音だけど、「ドン」はなんだかどすこいって

感じがしたりするのは私だけかもしれませんが、

「キュピドン」を初めて聞いた時には笑いました。

 

 

日本人には「キューピッド」の方が馴染みがありますからね。

でももしかしたら「キュピドン」の時代が来るかもしれません…。

 

 

ちなみにキューピッドではありませんが「キュッド」

「cupide」というキューピッドやキュピドンに似た単語があります。

(ピを強く発音)

 

 

似てはいますが、意味は全然違います。

 

C’est totalement different! (全然ちがう!)

です。

 

 

「cupide」は「ケチな、貪欲な」という意味です。

 

 

少し違うだけでこんなに変わるなんて不思議ですが、

英語のキューピッドをフランス語っぽく言っても

フランス人には「ケチな~」という意味でとられてしまうかもしれないので

注意が必要です。

 

 


「ドン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「ドン」という音は日本では壁ドン、などの

音によく使われますね。

 

あと私が思い浮かぶのは丼ぶりの「丼」です。

 

そんな日本人になじみのある「ドン」という音ですが、

フランス語に通じています。

 

 

シンプルに、「don」(le don) は「寄付、贈与」という意味です。

 

 

そして私が好きな「ドン」の使い方で、「Dis donc」がありあます。

 

読み方は「ディ ドン」で、この場合には「ドンク」とは発音しません。

 

 

これが場面や人によって言い方が変わり、

「ディー、 ドーン」になります。

 

 

これがまたツボで、とっても面白く感じられます。

そしてなんだかカワイイ印象も。

 

 

 

意味は、「ちょっと~!」や「おいおい」、

「えー!」などです。

 

いろいろな場面に使えます。

 

 

例えば、

 

「私が買ったアイスがないんだけど…」

“Où est la glace que j’ai acheté?”

 

「あ、ごめん食べちゃった」

“Ah, je suis désolé, mais je l’ai mangé.”

 

「はー!?何してくれてるんだ!」

“Dis donc! Qu’est-ce que tu fais!?”

 

という感じです。

 

 

 

また、

 

「えぇ!キューピッドをたまたま見たって!?」

Dis donc! Tu n’aurais pas vu cupidon par hasard!?

 

 

実際にはキュピドン(恋愛の神)はひとつなので

unなどの不定冠詞をつけません

フランス語ならではです。

 

 

フランス人がdonを使うのに気を付けてみてください。

フランス語のおもしろさを発見できる思います。

 

 

かわいいフランス語、「キュピドン」使ってみてください。

 

リムーザン