フランス語 女性名詞だけど「C’est」を使うときは・・・

毎日使う「C’est」

 

フランス語を知っていれば必ず目にする「C’est」。

とっても便利でフランス語らしい言葉です。

 

「これは~」という意味でよく使われます。

 

これはとても便利です!

C’est très pratique!

 

便利な言葉ですが、注意があります。

 

 

この「C’est」を使って説明するとき、

 

C’est une fleur. (女性名詞)

C’est un gâteau. (男性名詞)

 

と女性名詞、男性名詞同じように説明します。

 

ですが、この女性・男性名詞の単語を形容詞で説明するときに

フランス語特有の性の形容詞変化がないのです!

 

 

例えば、

 

おいしい

〇C’est bon. と言いますが

×C’est bonne. とは言いません。

 

かわいい

〇C’est mignon.

×C’est mignonne.

 

おもしろい、興味深い

〇C’est intéressant.

×C’est intéressante.

 

このように「C’est」の後に形容詞で

そのまま表現するときには女性形にはなりません

 

「C’est」が主語になるときは常に女性形にならないということです。

 

 

なので、例えば「une chose」を説明するときには

女性名詞なので、「belle」を使います。

 

C’est une belle chose.

これは美しいものです。

 

 

「C’est」を主語にして使うときには

 

C’est beau. これは美しい。

 

となります。「C’est」+「belle」は使えません。

 

 

※「C’est」を使って人に対してかわいいや綺麗だと

言わないので注意してください。

人に対しては「il や elle」を使用します。

 

 

 

une chose intéressante (おもしろいもの)

ただの単語であれば、女性形に変化してeが付きます。

 

 

そしてこれがややこしいのですが、

C’est quelque chose d’intéressant.

は「chose」があるけれど、eは付きません!

 

 

おまけ

 

おもしろい表現として、

 

C’est une belle personne. (これは美しい人)

 

という文があります。

 

これは「personne」が女性名詞なので「belle」と変化していますが、

実は男性にも使えるのです。