「バァー」フランスの会話の中によくある口癖

フランスでよく耳にする「bah~」

 

bah

 

フランスの会話の中によくある口癖として、

「bah」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

読み方は「バァー」。

日本語のように口を大きく開ききった音ではなく、

喉と頬を意識して、

英語の「a」エーィ、という音を混ぜたような音です。

 

一般的に見たら大したことないかもしれませんが、

これが毎回会話に出てくるのが私的にはおもしろいのです。

 

フランス人はよくこの「bah」を使います。

会話の中で、「そりゃあ、~」などの区切りとして言います。

 

意味的には普通ですが、それを言うときのフランス人の顔が面白い。

どの国にもそういう単語があるとおもいます。

 

 

日本人なら、「えっとー」と言って考えるような顔をするや、

「そうだ!」と言って顔があかるくなるなど。

そういう言葉と顔の表情がセットになると思います。

 

 

この「bah」もそのうちのひとつで、

顔の表情がセットなのです。

もちろん人によって千差万別ですが、

大体の傾向があります。

 

 

それは、口を横に開き、少し目を開いて目線は下に、

驚いているわけではないけど、少し驚いている表情に近い気がします。

 

たぶん老若男女そんな感じです。

もちろんそう感じない人もいると思います。(-_-;)

 

 

ですが、私はこの表情と口を横に開いて言う

フランス人の「bah」が気になって仕方ないのです。

 

フランス人の誰もが言うけど、あえて私は使ったことはないです。(´▽`)

 

皆さんも気づいたら、観察してみてください。

もちろんフランス人のように使ってみるのもいいと思います。

 

例えば

F「せっかくケーキおごってくれるって言われたのに、

帰っちゃったの?」

J「バァー、そんな気分じゃなかったんだんだもん」

 

という感じです。(^J^)

 


発音のコツ

 

発音のコツは、口を「エ」と言うように横長に開き、

少し唇を緊張させ(意識し)、日本語の「あ」にならない程度に

「バァー」と言うと良いと思います。

常に「バァ」の背後に「」が飛び出してきそうなイメージです!

 

飛ぶ

 

 

 

ちなみにフランス語で「いないいあないばあ」は

「Cache cache, coucou」だそうです。

 

リズムは全然日本と違いますが、

歌詞付きのこども向けの動画がありますので

参考にご覧ください。

 

キャベツに隠れるウサギさんですね